同僚からの励ましの手紙

今年に入ってから体調を崩し二週間ほど入院しました。
その後一か月ほど仕事を休んで自宅療養していました。
自宅療養中に何日かするとなんと子供の散らかしていた教科書の中から同僚からの手紙を発見。
その日付は私がまだ病院に入院している時の日付でした。
それを発見したのは退院後一週間くらい経ってからなので、数週間前に送られてきた手紙でした。

手紙を開けてみると、私の体調を心配する文章と、職場の様子が書かれていました。
他の同僚はLINEなどでメッセージが送られてきましたが、手紙をもらうなんていつ以来だろうなんて嬉しくなりました。
もう数週間前の手紙なので慌てて返信を書きました。
返信を出して数日するとまた同僚から私の近況がわかって安心した旨手紙がありました。
手紙って書くのも投函するのもまた返信がくるのも時間がかかったり面倒だったりしますが、なんとなくメッセージに温かさを感じました。
久しぶりに手紙のやり取り、たまには手紙を出すのもいいなと感じました。

友人からの手紙

前に高校のクラスの友人たちと箱根に一泊の温泉旅行に行くことになりました。
当時はまだ大涌谷が盛んなころです。
そこで県が観光振興とかで2万円の宿泊券を買うと1万円割引になると。
なんでもコンビニのATMで並んで買うのだと。
するとT友人から買い方を手紙で指示してきました。
出したのは5~6人だと。
すぐに売り切れてしまうから一番に並ぶんだと。
ATMのやり方まで写真も記載してありました。

私たちは並ぶのはいいが、券が取れたか取れなかったの集計を誰かがやらなければ、取りすぎてしまったときは困るよと。
するとこのようなやり方は幹事長が反対していると。
議論はすったもんだしました。
私は幹事長に契約した旅館になにか違ったやり方がないのかと打診したのかと。
幹事長は何もしていないと。
その後に友人のSが幹事長とJTBに行って契約してきました。
ここでも2万円の旅館代を契約すると1万円安くなるのだと。
これで1件落着になりました。
何でもSさんがインターネットで調べた結果だとか。

その後にT友人から万年筆の手書きの手紙が来ました。
達筆な手書きです。
今まで手紙で一人であれこれ指示して、お騒がせしてすいませんでしたと。

今はPCの時代です。
いまどき手書きの手紙でのやりとりは珍しいと思いました。
なんでもPCがあることはあるが、操作ができないのだと。
携帯のメールは使っているのに、PCが使えないとは珍しいことです。

まあS友人の機転で無事にクラスの一拍温泉旅行ができてよかったです。
結果は1万円ちょっとでクラス会ができました。

大切な人からの手紙

先日、跡取り娘の妹から私が結婚前に実家に残してきた荷物が送られて来ました。
小学校の時の文集などがほとんどでしたが、その中に友達からの手紙の束もありました。携帯がない時代でしたので、友達との交流は自宅の電話となり、
遠く離れた友達とは手紙がメインの時代だったのです。

袋の中を見てみると、地元を離れて都会の大学に進学した友人との手紙が大半でしたが、旅行先からのエアメール、短大の恩師がクラスの生徒全員に送ってくれた手紙、
部活の顧問の先生からの手紙、教育実習に来てくれた先生がクラス全員に書いてくれた手紙、心温まるものがたくさんありました。
中にはラブレターまでありました。ラブレターをもらった時は他に好きな人がいて申し訳ないけど、お断りしました。でも今になって思うと、自分を好きになってくれた子に
「ありがとう」を言いたい気持ちです。また、私はラブレターだと気づかなかったけど仲良しの男子からの手紙、大人になって何年も片思いしてくれていたことを知ったこと。
青春の想い出が詰まったお手紙の束、大切な宝物です。

届かなかった暑中お見舞い

中学生の時でした。
夏休みの英語の宿題で、英語の先生の自宅あてに英作文を自分で考え暑中見舞いを送る、という課題がありました。
絵が得意だった私は、早速英作文そっちのけでどのような絵ハガキにするのかに夢中となりました。
年賀状と違って夏の絵ハガキの絵を描くのははじめてのため、試行錯誤していました。

家族旅行にでも行けば、行った先の景色等が題材になったのでしょうが、
引っ越してきたばかりのウチにはそのような余裕はなく、私はじいっと図鑑をめくっていました。
当時NHKで世界への遺産、という番組が放送されており、その写真集を持っていました。
歴史の百科事典の付録だったようですが、今の時代から見ても豪華本で、世界の遺跡や文化を写真と記事でドラマチックに紹介している本でした。

その中の、砂漠の真ん中にある美しい湖のエキゾチックな絵を、水彩絵の具で葉書全体に描くと、
幼稚でありきたりな英文を、格好つけて筆記体で書きこみ、ポストに投函しました。
 
新学期、英語の授業が始まると、何人かの暑中見舞いの話題になり、私のが届いたかどうかがとても楽しみでしたが、
次の授業もその次の授業も、ついに届かなかったのでした。
今思えば宛名が英文で不明瞭なうえ、差出人の住所を書いていなかったからではないかと思うのですが、
今でもその写真を見ると、当時届かなかった事が残念でもあり、恥ずかしかったことを思い出します。

就職活動には何が必要か?

時々、各地の書店で「就職マニュアル」とか「面接攻略本」みたいな類の本を見かけますが、 じつは、あんなものは何の役にも立ちません。 というのも、人間とは「頭」よりも「体」で覚える動物だからです。
たとえば学校を思い出してみて下さい。学生時代、普通にすわって受ける授業と、 生徒が直接参加して体験できる授業(体育など)がありますよね?  そのどちらが長く身についているか。そして、楽しいか。 おそらく、後者のほうでしょう。 就職活動も、じつはそれと同じ原理なのです。
(現在学生の方には失言かもしれないが・・・)いろんな方程式や歴史などを 無理矢理、頭に詰め込んでも、それをずっと覚えていられるのは物理的に不可能。 しかし、運動会や遠足、文化祭など、実際に自分で体を動かして体験したことは、 年月が経ってもしっかりと覚えている。
——要するに何が言いたいかというと、 大学などが学生にすすめているような、いわゆる「リクルート活動(会社訪問など)」は、 別にする必要はない、ということです。 就職ならば、パートやアルバイトでも勤まるし、さらには派遣登録の道もあります。 正社員は、なれればそれでいいに越したことはないですが、 この資本主義社会である日本のこと。 景気は絶えず変動しますので、たとえ正社員でもリストラ(解雇)されたりします。
よって、就職活動で必要なのは以下のとおり、と私は考えます。
ある程度強い精神力と、希望する職種への意欲
社会人としての常識・礼儀
他人と連携できること
自身の個性
1.は、その仕事に就き、これからやっていけるだけの心構えがあるかどうかということ。 人から注意されても我慢し、反省できるかどうかが大切な点です。 勤労意欲は、その仕事が本当に好きであればおのずと高まります。 (職場や人間関係によっては多少、削がれる時もあるが、これも社会経験なのだ・・・。)
2.は、要するに挨拶ができるかどうかということです。 職場に入ったら、「おはようございます」「お疲れ様でした」などのあいさつができれば、それで十分でしょう。 とにかく自分から先に一声をかけること。それが大事。 恥ずかしいのは最初だけで、一度声を出せば、相手もこちらに礼を返してくるものです。
3.は、ほとんどの仕事は共同作業で行われるため、連携が必要です。 たとえ個々人の性格の違いから好き嫌いはあっても、その人と一緒に作業をすることになったら、 必ず連携しないと仕事が成り立ちません。 会社の売り上げだけでなく、自分の給料や立場にも関わってくるので、これは仕事と割り切りましょう。
4.は、自分の性格や長所を職場でアピールすることですが、職種によってはこれが裏目に出ることもあります。 とはいえ、多くの企業では、仕事だけはできる、いわゆる「万能型」の人間は求めていないようです。 よって、早く職場で仲間を作るためにも、普段のまま、ありのままの自分を出していったほうがいいでしょう。 それに、そのほうが気が楽ですよ。

年賀状係という役職

結婚してから毎年、自分の実家と(これは結婚する前から)旦那の実家の年賀状を作る係です。
特に強要された訳ではなく、画像編集とかが下手なりに結構好きなので、自分で買って出たというか…。

日本舞踊の発表会の写真を義母本人だけ切り抜いて、南天や牡丹などの花の素材と組み合わせたらとても好評で、毎年結構楽しみにしてくれているようでとても作り甲斐があります。
また、写真やデザインの打ち合わせで色々話もできるので、コミュニケーションツールにもなっていて、私にとっても助かっています。

以前はネットの無料年賀状素材等を組み合わせて作っていましたが、最近はそれに書店やコンビニで買える年賀状素材集も買ってきたりしています。
何せ3軒分あわせて8~10種類のデザイン候補を作るので、ネットで探して気に入ったものを時間をかけて探すより、持って歩いて御用聞きができるのでとても便利!
価格も400円~あり本当に種類も多く出ているので、年賀状素材の雑誌を選ぶのも毎年の楽しみの一つになっています。

最近では、年賀状の印刷サービスをやっているサイトがありますが、あれは私には不向きですね。
デザインをいくつか作って、みんなの意見を聞くのに、複数のサイトにまたがっているのはちょっと具合が悪いんです。
年賀状印刷サービスの画像を一つで管理する方法があればいいんですけどね。

ただ、自宅で印刷するとインク代で費用がかさむんですよね。
なので、デザインは私がやって印刷だけお願いするのもありかもしれません。
銀塩印刷は家では無理ですからね、
年賀状サービスの比較サイトで勉強が必要ですね。

謎解きリアルゲーム

私の大好きなゲーム「大逆転裁判」の
リアル脱出ゲームに行って来ました!

友達含め6人中、脱出ゲーム経験者は4名。
私は初めてでした。
初めてが大逆転裁判で嬉しいです。
会場入ったらゲームの音楽が流れてて
テンションあがる!!

システムとしては、
弁護士になって証言のムジュンを指摘します。
つまりいつもの逆転裁判と同じです。
リアル脱出ゲームの先輩方に言わせれば、
普段の脱出ゲームはパズルや問題を解くものなので
こういうのは初めてだとのことでした。
少しはパズルもありましたけどね。

逆転裁判やったことある人なら
一度は経験したことのある、
「犯人もトリックもわかっているのに
何を証拠品としてつきつければいいかわからない」
が、今回もありましたよ…
結果は脱出失敗。
惜しいところまで行ったのになー

最後に解説が始まり、
私達チームが行き詰まった箇所の解説で
会場中から「あぁ~~!!!」と声が上がりました。
みんな同じだったんだ(^_^;)

それでも16チーム中、3チームが脱出成功
すごいなー
私はもっと時間かけないとダメだな。

映像も楽しくて、
見慣れた「逆転裁判節」も健在で、
頭使って楽しかった!

久しぶりにゲーム三昧

手持ちの急ぎ仕事がなくなったので、

KINGDOM HEARTS χ[chi]やってた。

前のとゲームシステム的なのは変わんないから
だいたいわかるのでかなりサクサク進める。

ディズニーキャラはまあいいとして、
キーブレードで戦うのとか敵のデザインとかがけっこう好き。

これは当分やってこうと思う。

今、単純作業を延々やってるので飽きると行くカンジ。

仕事→ゲーム→仕事の繰り返し。

明日も同じ単純作業なので休み明けまでにはLV100までいくかな?

上位の人みたら200以上だったから999が上限なのかな?